トップページ > 万代内科健康教室 > 果物のとり方

万代内科健康教室

果物のとり方

季節によって様々な種類の果物が出回ります。果物を通して四季を感じることも多いですね。普段は食べないけれど、すいかやぶどう、柿やみかんなど、旬になるとたくさん食べるという方も多いようです。

果物は主に糖質を栄養源とし、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが多く含まれています。

1日の適量は約80kcal(りんごなら1/2ヶ、バナナなら1本、みかんなら2ヶくらい)です。果物の中でもバナナ、柿、ぶどうなどは他の果物に比べて糖質量の多い果物です。

また、ドライフルーツや缶詰、果汁のジュースやジャムなど果物の加工品は糖度が非常に高くなっています。お菓子と同様ですので果物代わりにたくさん食べるのは控えましょう。

果物は「お菓子よりはヘルシー」「水分がとれる」「カロリーが少ない」などたくさん食べて大丈夫というイメージが強いようですが、糖質の多い食べ物です。過剰摂取により、体重増加や中性脂肪の上昇などにつながります。健康のために、適量を守って食べるようにしましょう!

▲ページの先頭へ

万代内科クリニック
院  長:
田村紀子(日本糖尿病学会専門医、総合内科専門医)
診療科目:
内科
受付時間:
AM 10:00~13:30 (※土曜日の予約外の受付は13:00まで)
PM 16:00~18:30
休 診 日:
水PM・土PM・日祝日
受付時間 日・祝
10:00〜13:30
16:00〜18:30

●土曜日は学会等で休診になる場合がございますので電話・ホームページ等でご確認下さい。

お問い合わせご予約はTEL.025-244-0600

地図・アクセス

〒950-0088
新潟県新潟市中央区
万代4丁目1-1
B4ビル3F
(ファミリーマート様 上)
提携駐車場がございます。詳しくはこちら。